税理士11人分の事務所経営ノウハウが1日で学べる実践教材です。成功秘話を一挙公開!!

「新規案件が増えない」「人材が採用できない」そんな悩みもこれで解決できます。

税理士事務所7つの経営戦略
Amazon税理士部門1位獲得 Amazon会社経営部門1位獲得
300セット限定販売
出版記念『税理士プレミア企画』
事務所経営で悩まれている先生へ
ご購入はこちら

ノウハウ大量流出を防ぐため、300セット限定販売とさせて頂きます。

 

税理士事務所を経営されている先生へ

以下のように感じたことはないでしょうか?

上記のように感じる先生が増える中、他の事務所を引き離し成功している事務所があります。
この教材は成功している税理士に特化した、DVD・11枚、CD・11枚、合計22枚の物凄い “密度”の高い情報です。

事務所経営の原則「充実感」と「ニーズ」に則り、独自のモデルで事務所経営に成功されている
11人の若手税理士に、私山下が直接切り込んで質問をしています。

「一人所長型」「二代目所長型」「低価格型」「付加価値型」「業種特化型」「業務特化型」
各モデルの代表者に、どのようにして新規開拓しているのか?月次では何をしているのか?
人材はどのように採用し教育しているのか?どんなお金の使い方をしているのか?

ご購入はこちら

ここでご紹介している1つ1つの情報が「スッ」と頭の中に入っていく内容になっているはずです。
なぜなら、ほとんどの先生が同じポイントで悩み、それを乗り越えてこられているからです。

何度見返しても新たな発見がある。そんな“重みのある教材”になっていると思うのです。DVDの時間は11人分、合わせて886分(14時間弱)。外出先でも聞きたい方にはCD、文章で読みたい方にはテキストブックと、日常の空いた時間にインプットが可能です。また、スタッフの教育教材としてもご活用いただけます。

先生によってはこの886分の情報が、今後の事務所経営に大きな変化をもたらすきっかけになると言っても過言ではありません。

 

まずは11人分のプロフィールと概要をご紹介します。

【付加価値型モデル代表】過去ではなく未来に焦点をあてたサービス作りを行い、MAS監査や独自に作成した充実した資料で経営支援を実施。

1人目:大久保圭太 氏(税理士法人ACS 代表社員)
実績
開業から4年で顧問先150社以上、平均顧問料10万円、年商は2億円を超える。中小企業を守るという使命を掲げ、提供する付加価値は税務ではなく財務と言い切る超敏腕若手税理士。
顧問先が喜んで月額10万円を払ってくれる事務所の作り方
タイトル
顧問先が喜んで月額10万円を
払ってくれる事務所の作り方
サブタイトル
  • バーカウンターで打合せ!?~「人が集まれる場所」が事務所コンセプト
  • 独立当初は、営業の仕方さえわからず苦戦の日々
  • これからの税理士に求められること
  • なぜ独立するのか?
  • ゼロから4年で年商2億円を実現した、新規開拓手法とは?
  • レッドオーシャンでも勝てる販促戦略とは?
  • 時間の使い方と、税務リスクに対する考え方
  • 人材採用に対する考え方
  • 意識の高い人材を採用するなら、給与額が高すぎるのは裏目!?
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
大久保先生の言うとおりにやれば、確かに月額10万円以上を払ってもらえます。
2人目:布川勝巳 氏(税理士法人キーストーン 代表社員)
実績
税理士法人設立から10年で顧問先300社、年商は1億円を超える。税理士業の枠に囚われることなく、大手幹部の教育研修を依頼されるほどの高いコミュニケーション力を有し、優秀なブレーンを活かし経営者の問題解決に重きを置く超提案型税理士。
他の事務所と圧倒的に差別化し値上げできる提案切り口の見つけ方
タイトル
他の事務所と圧倒的に差別化し値上げできる提案切り口の見つけ方
サブタイトル
  • 意外な経歴
  • 開業時にまず取り組んだこと・気付いたこと
  • 事務所分裂の危機を経験し見えた、年商1億円を超えるために必要な条件
  • 独立、開業に一番大切なこと
  • 顧問先に支持されるスタッフに見られる共通点
  • 付加価値を高めるために捨てたこと
  • 人材教育方法と事務所のフォロー体制
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
顧問先が喜んで値上げしてくれる提案の切り口が分かります。
3人目:鈴木新 氏(税理士法人資産税務相談センター 代表社員)
実績
開業から10年で顧問先200社以上、年商は1億円を超える。元船井財産コンサルタンツでの就労経験を活かし、不動産・相続・法人と幅広い知識と経験からセミナーや出版も多数。
顧問先の潜在ニーズを見つけ付加価値を高め報酬を上げる方法
タイトル
顧問先の潜在ニーズを見つけ付加価値を高め報酬を上げる方法
サブタイトル
  • 開業して初めて知った、今の税理士に求められる感覚
  • 独立直後に信頼獲得に役立ったツールとは?
  • 税理士という仕事の、苦労とやりがい
  • 将来独立を考えている税理士が、勤務時代にやっておくべきこと
  • 新規契約率90%超え税理士が、商談時に心がけていること
  • 紹介が多い税理士に対して、顧問先が感じている距離感
  • 時間の使い方
  • 一人所長からの脱却がスムーズになる人材採用方法
  • 人材採用が難しい今、人材募集数を増やすためにやっていること
  • 他の事務所との差別化のために、月次で提出している資料とは?
  • 付加価値を高め報酬を上げる、具体的な手順
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
顧問先の潜在ニーズを見つけ値上げする方法が分かります。

【低価格型モデル代表】必要最低限のサービスに絞り業務の効率化を追求することで、無駄を省きリーズナブルな仕組み作り。

4人目:入江順也 氏(税理士法人入江会計事務所 代表社員)
実績
ゼロから開業し、国民年金が払えず差し押さえが来る状況から、今や顧問先600社、年商は2億円を超える。顧問先を支えたいという強い想いと、経営者としての先見性を兼ね備えた敏腕若手税理士。
低価格でもスタッフ一人当り2500万円・黒字事務所になる仕組み
タイトル
低価格でもスタッフ一人当り2500万円・黒字事務所になる仕組み
サブタイトル
  • 何もやることがなく、一日中テレビを見ていた開業当初
  • 独立後の困難を乗り越えた、ほんの些細なきっかけとは?
  • 一人所長は、最初にどんな人材をどのように雇えばよいのか?
  • 既存の顧問先から紹介を増やすためにやっていること
  • 時間の使い方
  • 組織全体での税務リスクの管理方法
  • 事務所経営で、一番大切にしていること
  • 紹介が多い事務所がやっている人材採用とマネジメントとは?
  • スタッフ一人で40社を担当できる業務フローとは?
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
低価格でもスタッフ一人当たりの売上が2500万円を超える事務所設計が分かります。
5人目:伊東大介 氏(税理士法人イデアコンサルティング 代表社員)
実績
国税局退官後、ゼロから開業し柔軟な発想と行動力で顧問先500社、年商は2億円を超える。一切妥協しない人材採用とスタッフの自由さを奪わないマネジメントで、スタッフが辞めない事務所構築に成功された敏腕税理士。
最短で年商2億円の事務所にするたった一つの考え方
タイトル
最短で年商2億円の事務所にするたった一つの考え方
サブタイトル
  • 何の実績もない開業時に、新規案件を10件獲得する方法
  • 顧問先に「相談しやすい」と思ってもらうために心がけていること
  • 9年前から続けている、売り込まない営業方法
  • 伸びている会社を見て気付いた、調子がよい時にやるべきこと
  • 独立するなら、早ければ早いほどよい
  • 最初にアルバイトを雇うと、社員が辞めてしまう理由
  • 既存のお客様から紹介してもらわなくてもよい理由
  • 時間の使い方
  • 小さな差別化の積み重ねが、大きな差別化になる
  • よい人材を採用するために所長がやるべきこと
  • スタッフが主体的になる組織体制とは?
  • 人材採用戦略とは?
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
話の節々から伊東先生の柔軟な考え方や物事の捉え方が見えてきます。
6人目:蔵田陽一 氏(蔵田経営会計事務所 所長)
実績
外資系コンサルティング会社出身という異色の経歴の持ち主。徹底的に効率化された事務所モデルはまったく無駄がない。ネットとDMを駆使し、欲しい時に欲しい数の新規案件を獲得できる超ロジカル税理士。
欲しい時に欲しい数だけ新規案件を増やせる販促戦略の構築方法
タイトル
欲しい時に欲しい数だけ新規案件を増やせる販促戦略の構築方法
サブタイトル
  • 税理士という仕事を選んだ理由
  • 独立時に実践したネット集客手法とは?
  • マーケティングの8割は失敗しても大丈夫!?
  • 集客を強化する前に、まずやるべきこととは?
  • 税理士が報酬を請求する時によくある失敗例
  • ターゲットを小さな会社に絞るメリットと効率的な集客方法
  • 時間の使い方、税務リスクに対する考え方
  • 人材採用とマネジメント手法
  • 人材不足時代の新しい事務所体制とは?
  • スタッフの待遇と管理方法
  • 徹底的に無駄を省き効率化した業務フローとは?
山下から一言
他の事務所に圧勝するための販促戦略の構築方法が分かります。

【一人所長型モデル代表】所長が直接対応し、密なコミュニケーションをとることで、社長のプライベートまで理解した関係構築。

7人目:加藤智久 氏(加藤智久税理士事務所 所長)
実績
対人が苦手だった所長が、今では一人で100社を担当。上場会社であっても自ら一切売り込むことなく、相手からお願いしたいと言われる一人所長の最終形税理士。
対人が苦手な人にもできる顧問先に愛され続けるコミュニケーションの極意
タイトル
対人が苦手な人にもできる顧問先に愛され続けるコミュニケーションの極意
サブタイトル
  • 内向的だったのに、顧問先に愛されるようになったきっかけとは?
  • 一人でやっているからこそ、人間関係が大切な理由
  • 顧問先に愛され続けるコミュニケーションの極意
  • 新規開拓に対する考え方
  • 時間の使い方、税務リスクに対する考え方
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
全てのコンサルタントに通じる本質が語られています。
8人目:有賀智哉 氏(有賀法務会計事務所 所長)
実績
大手会計システムの開発に携わっていた元SE。年収1200万円を捨て見事税理士に合格。人脈ゼロ・広告費ゼロで、開業して4年で年収5000万円を超えた敏腕人情税理士。
一人で開業して4年で年収5000万円を達成する方法
タイトル
一人で開業して4年で年収5000万円を達成する方法
サブタイトル
  • SEを辞め税理士という仕事を選んだ理由
  • 人脈ゼロから開業して、本当に役立つ人脈の作り方
  • 若手であることが強みになる環境とは?
  • 解約ゼロの税理士が心がけていること
  • 広告費ゼロで新規案件を増やし続ける方法とは?
  • 時間の使い方と税務リスクに対する考え方
  • 顧問先の売上に貢献できる月次提出資料とは?
  • 一人所長で成功して見えてきた次のステージ
  • 税理士がなぜハンコ屋を始めたのか?
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
一人所長の鉄板マニュアルと言える教材です。

【二代目所長型モデル代表】引き継いだ基盤を活かし、人材が育つ仕組み作りに集中することで短期間の事務所拡大を実現。

9人目:尾藤清隆 氏(税理士法人尾藤会計事務所 代表社員)
実績
スタッフが生き生きと働ける環境を作ることで、組織が大きくなっても顧問先の満足度が高く紹介の多い事務所。先代から事務所を引き継ぎ、スタッフ50名・顧問先500社・年商3億円以上にまで事務所を発展させた敏腕二代目税理士。
二代目所長が事務所を引継ぎ伸ばすためにやるべき6つのこと
タイトル
二代目所長が事務所を引継ぎ伸ばすためにやるべき6つのこと
サブタイトル
  • 二代目所長がやるべきこと「その1」○○○○○を見極める。
  • 二代目所長がやるべきこと「その2」○○をはっきり示す。
  • 二代目所長がやるべきこと「その3」○○○○○に徹する。
  • 二代目所長がやるべきこと「その4」早いうちから○○に携わる。
  • 二代目所長がやるべきこと「その5」○○○○に専念する。
  • 二代目所長がやるべきこと「その6」積極的に○○○に取り組む。
  • 毎年50社の新規案件を増やし続けている紹介ルートとは?
  • 時間の使い方
  • 年商3億円を実現した組織体制とは?
  • 税務リスクに対する考え方
  • 差別化、はあえて属人的であること!?
  • スタッフがいきいきと働ける採用・教育・評価体制とは?
  • スタッフ交代の際のスムーズな引継ぎ方法とは?
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
事務所の資産承継と共に、感情承継のコツが分かります。
また、スタッフが生き生きと働く組織作りのポイントが分かります。

【業務特化型モデル代表】特定の業務に特化することで実現した高い付加価値提供

10人目:荒巻善宏 氏(税理士法人チェスター 代表社員)
実績
相続税申告の風雲児。未開だった相続税申告マーケットというブルーオーシャンを開拓し、今なお凄まじい勢いで成長し続ける税理士法人チェスターの代表税理士の一人。
ブルーオーシャンを見つけNo,1事務所になる販促戦略とは
タイトル
ブルーオーシャンを見つけNo,1事務所になる販促戦略とは
サブタイトル
  • どのようにして相続マーケットを見つけたのか?
  • 開業時の失敗と、そこから得た教訓
  • 独立当初に一番時間を割いたこととは?
  • 相続に特化しても成立する地域、成立しない地域
  • チェスターが最終的に辿りついた販促戦略とは?
  • 顧客満足度を上げるためにやっていること
  • 時間の使い方と税務リスクに対する考え方
  • 相続に特化する前に参入を考えていたマーケットが!?
  • 人材を採用する際に最も優先していること・工夫していること
  • 二大代表でよい関係を維持する心がけとは?
  • チェスター流マネジメント術
  • 集客だけでなく人材採用にも有利となるブランディング構築のコツ。
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
ブルーオーシャンの見つけ方が分かりやすく解説されています。

【業種特化型モデル代表】特定の業種に特化することで実現した高い付加価値提供

11人目:大野晃 氏(ITA大野税理士事務所 副所長)
実績
飲食業という特定のマーケットでNo,1の地位を確立し、船井総研2015年最優秀賞を受賞。抜群のマーケティングセンスと行動力を有した次世代若手税理士。
行列のできる税理士事務所になるためのブランド戦略とは
タイトル
行列のできる税理士事務所になるためのブランド戦略とは
サブタイトル
  • 「事務所を引き継がない」という新しい事業承継の形
  • 税理士の資格があれば、集客や営業は必要ないと思っていた
  • 失敗しないWEB業者の見分け方
  • なぜターゲットを飲食業に特化したのか?
  • 所長は自己中心的でよい!?
  • 税理士業界のブルーオーシャンとレッドオーシャン
  • 顧問料を下げないと案件を増やせない事務所の共通点とは!?
  • 成功していないからこそブランディング構築が必要
山下から一言
これからの税理士業界を生き抜いているために必要な要素が詰まっています。
 

この教材を手に入れて頂くことで、以下のようなメリットがあります。

正直この教材で公開されている内容は、こうしてここに書き出す事が出来るようなものだけでは納まりません。

ただ、こうしてその内容を見て行くだけでも、当の私も改めてどれだけの内容を公開しているのかを再認識しました。

税理士事務所経営について、ここまで深い内容を公開している教材は、書店はおろか日本のどこを探しても見つけられないのではないでしょうか。それほどの内容が敷き詰められた教材が、“今こうして先生の目の前に置かれているという事です。”

 

成功している税理士に何でも聞けるとしたら…。

“成功している税理士に何でも聞けるとしたら、何を聞きたいですか?”

この教材で投げかけている質問は、実際の税理士先生の声を参考に洗い出しています。

そのため、今回ご協力頂いた税理士の何人かには「そこまで聞くの?」「これはさすがに公開したくないなぁ」と言われたほど、事務所経営に踏み込んだ質問を投げかけています。

具体的には以下のようなことを聞いています。

お金にまつわること
  • 事務所の損益を教えてください。
    (①広告費・②交際費・③人件費・④家賃・⑤IT管理費)
集客にまつわること
  • 年間で新規は何件獲得出来ていますか?
  • 新規開拓の手段は何通りで、それぞれ何件ずつ来ていますか?
  • 年間で解約になるのは何件ですか?
  • どんな提携先から何社来ていますか?
  • 解約を減らすために工夫していることはありますか?
所長ご自身について
  • 1日何時間労働ですか?
  • いつ休んでいますか?
  • 税務リスクに対してどのように考えていますか?
差別化にまつわること
  • 自社だけがやっている差別化はありますか?
  • 差別化のヒントはどこから得ていますか?
人にまつわること
  • 応募はどこからどうやって集めていますか?
  • 採用で工夫をしていることはありますか?
  • 何を基準に人を採用していますか?
  • 採用の条件は何ですか?
  • (補充か前倒し・経験者か未経験者・男か女・古いスタッフとのバランス)
  • 初任給はいくらで、何を基準に昇給させていますか?
  • 人材の何を評価し、どのように還元していますか?
  • 離職率を教えて下さい。
業務にまつわること
  • 何歳のスタッフが何社担当していますか?
  • 担当が変わる時に解約を減らす工夫していることはありますか?
  • 業務の効率化で工夫していることはありますか?
  • 税務リスクを抑えるために工夫していることはありますか?
見せ方にまつわること
  • ブランディングで意識していることはありますか?
  • どんなツールを使って、どんな情報を発信していますか?
 

他の事務所経営のスキルなんて、うちには役に立たないかも…。

“他の事務所経営のスキルなんて、うちには役に立たないかもしれない”

今回、お見せした教材の内容を踏まえて、もしかすると先生はこのようにお考えになったかもしれません。

しかし、これだけはお伝えさせて下さい。

11人の先生方に踏み込んだ質問をした立場から、自信を持ってハッキリ言えることがあります。 イメージ 今回ご紹介させて頂く先生方が事務所経営で実践されているアイデアは、ゼロから生み出されたものではなく、そのほとんどは他の事務所を参考にされていたという事実です。

特別な手法を使ったのではなく、他の事務所のよいところを取り入れながら、組み合わせながら試行錯誤を繰り返した結果今に至ったということです。

11人の先生が、ご自分の「充実感」とお客さんの「ニーズ」の重なる領域をどのようにして見つけ出したのか?独自モデルを構築する際に、外してはならない要点が公開されています。

質問1つ1つが、核心を突いた内容になっているため、税理士事務所の経営に携わっている先生にとって、その誰もが喉から手が出るほど欲しいはずの情報、ノウハウの全てが詰め込まれたものになっているという事です。

 

それで、価格はいくらですか?

ここには、ゼロから開業して年商億を超える事務所を築くための差別化・販促戦略・人材採用と教育・月次内容・顧問先とのコミュニケーションの取り方に至るまで、事務所経営に関わる抑えるべきポイントとノウハウがぎっしり詰まっているのです。

一般の書店では絶対入手することが出来ない、生きた事務所経営の情報を公開して頂いています。
見て頂くと、今すぐ試したくなるような具体的なアイデアが公開されています。

そんな貴重な情報を、1名分20,000円・11名分の定価は以下になります。

220,000円(税別)

しかし、書籍『7つの戦略モデル』出版を記念した特別教材のため、来年2017年6月までは10%OFFとさせて頂きます。

さらに税理士紹介サービス提供10周年を記念し、上記よりさらに10%OFFとさせて頂きました。

つまり、220,000円のところ「出版記念」「10周年記念」のダブルキャンペーンにより、20%OFFの176,000円にてご提供させて頂きます。

期間限定・先着300名様限定で、このプレミア教材を以下の価格にてご提供させて頂きます。

176,000円(税別)

会計事務所の1案件当たりの報酬は、安くても年間20万円程度です。この教材で1案件獲得出来れば、元がとれたことになります。

ご購入はこちら
 

山下からメッセージ

ご参加頂いた11名の税理士の中には、これまで一切表舞台には出られていない先生もいます。なぜなら表舞台に立たなくても事務所経営は順調で、逆に目立つことによってのデメリットの方が大きいと考えていたそうです。

しかし、今回『税理士業界をよい方向に変えたい』『税理士の先生方の顧問先が増え、顧問先が喜んでお金を払ってくれて、税理士の地位が向上し、経営者にとって無くてはならない存在になってもらいたい』という私の想いに賛同頂き、特別にご参加頂くことができました。こんな素晴らしい先生方11人にお集まりいただく機会は、もうこの先ないと思います。

この教材は、ちまたに横行している小手先の集客ノウハウDVDではありません。地に足をつけ、ご自身の充実感の上に事務所戦略を築き、これから数十年と事務所経営をして頂くための航海地図です。ぜひ、先生独自のモデルを確立し、今後さらなる売上・収入の確保と事務所の発展を実現して頂ければと思います。

山下健一
税理士事務所の経営サポーター
山下健一プロフィール
大学卒業後、ベンチャー企業に入社。顧客数700社以上の記帳代行会社にて、新規顧客開拓及び月次フォローに従事。配属3ヶ月目からトップセールス賞・社長賞を複数受賞。オリコン5年連続NO,1だったクライアント企業に転職。月次決算の実務経験とWebマーケティングノウハウを組合せ、10年間税理士紹介サービスを提供。自分の携わってきた税理士業界の発展を目的としたブランド『タックスコム』を立ち上げる。1000名以上の税理士と面談・分析したデータを元に独自に体系化した『7つの戦略モデル』理論を元に、セミナー講師・執筆活動を行う。所長の強みを活かした新規開拓支援には定評がある。税理士事務所の社外経営幹部という立場から、集客・ブランド構築・人材採用・業務効率化・M&Aまで忙しい所長の経営サポートを行う。
税理士事務所7つの経営戦略
 

改めて11人分のプロフィールと概要をご紹介します。

【付加価値型モデル代表】過去ではなく未来に焦点をあてたサービス作りを行い、MAS監査や独自に作成した充実した資料で経営支援を実施。

1人目:大久保圭太 氏(税理士法人ACS 代表社員)
イメージ
実績
開業から4年で顧問先150社以上、平均顧問料10万円、年商は2億円を超える。中小企業を守るという使命を掲げ、提供する付加価値は税務ではなく財務と言い切る超敏腕若手税理士。
顧問先が喜んで月額10万円を払ってくれる事務所の作り方
タイトル
顧問先が喜んで月額10万円を
払ってくれる事務所の作り方
サブタイトル
  • バーカウンターで打合せ!?~「人が集まれる場所」が事務所コンセプト
  • 独立当初は、営業の仕方さえわからず苦戦の日々
  • これからの税理士に求められること
  • なぜ独立するのか?
  • ゼロから4年で年商2億円を実現した、新規開拓手法とは?
  • レッドオーシャンでも勝てる販促戦略とは?
  • 時間の使い方と、税務リスクに対する考え方
  • 人材採用に対する考え方
  • 意識の高い人材を採用するなら、給与額が高すぎるのは裏目!?
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
大久保先生の言うとおりにやれば、確かに月額10万円以上を払ってもらえます。
2人目:布川勝巳 氏(税理士法人キーストーン 代表社員)
イメージ
実績
税理士法人設立から10年で顧問先300社、年商は1億円を超える。税理士業の枠に囚われることなく、大手幹部の教育研修を依頼されるほどの高いコミュニケーション力を有し、優秀なブレーンを活かし経営者の問題解決に重きを置く超提案型税理士。
他の事務所と圧倒的に差別化し値上げできる提案切り口の見つけ方
タイトル
他の事務所と圧倒的に差別化し値上げできる提案切り口の見つけ方
サブタイトル
  • 意外な経歴
  • 開業時にまず取り組んだこと・気付いたこと
  • 事務所分裂の危機を経験し見えた、年商1億円を超えるために必要な条件
  • 独立、開業に一番大切なこと
  • 顧問先に支持されるスタッフに見られる共通点
  • 付加価値を高めるために捨てたこと
  • 人材教育方法と事務所のフォロー体制
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
どんな切り口で提案をすれば顧問先が喜んで値上げしてくれるかが分かります。
3人目:鈴木新 氏(税理士法人資産税務相談センター 代表社員)
イメージ
実績
開業から10年で顧問先200社以上、年商は1億円を超える。元船井財産コンサルタンツでの就労経験を活かし、不動産・相続・法人と幅広い知識と経験からセミナーや出版も多数。
顧問先の潜在ニーズを見つけ付加価値を高め報酬を上げる方法
タイトル
顧問先の潜在ニーズを見つけ付加価値を高め報酬を上げる方法
サブタイトル
  • 開業して初めて知った、今の税理士に求められる感覚
  • 独立直後に信頼獲得に役立ったツールとは?
  • 税理士という仕事の、苦労とやりがい
  • 将来独立を考えている税理士が、勤務時代にやっておくべきこと
  • 新規契約率90%超え税理士が、商談時に心がけていること
  • 紹介が多い税理士に対して、顧問先が感じている距離感
  • 時間の使い方
  • 一人所長からの脱却がスムーズになる人材採用方法
  • 人材採用が難しい今、人材募集数を増やすためにやっていること
  • 他の事務所との差別化のために、月次で提出している資料とは?
  • 付加価値を高め報酬を上げる、具体的な手順
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
顧問先の顕在ニーズと潜在ニーズの違いが分かりやすく解説されています。

【低価格型モデル代表】必要最低限のサービスに絞り業務の効率化を追求することで、無駄を省きリーズナブルな仕組み作り。

4人目:入江順也 氏(税理士法人入江会計事務所 代表社員)
イメージ
実績
ゼロから開業し、国民年金が払えず差し押さえが来る状況から、今や顧問先600社、年商は2億円を超える。顧問先を支えたいという強い想いと、経営者としての先見性を兼ね備えた敏腕若手税理士。
低価格でもスタッフ一人当り2500万円・黒字事務所になる仕組み
タイトル
低価格でもスタッフ一人当り2500万円・黒字事務所になる仕組み
サブタイトル
  • 何もやることがなく、一日中テレビを見ていた開業当初
  • 独立後の困難を乗り越えた、ほんの些細なきっかけとは?
  • 一人所長は、最初にどんな人材をどのように雇えばよいのか?
  • 既存の顧問先から紹介を増やすためにやっていること
  • 時間の使い方
  • 組織全体での税務リスクの管理方法
  • 事務所経営で、一番大切にしていること
  • 紹介が多い事務所がやっている人材採用とマネジメントとは?
  • スタッフ一人で40社を担当できる業務フローとは?
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
低価格でもスタッフ一人当たりの売上が2500万円を超える事務所設計が分かります。
5人目:伊東大介 氏(税理士法人イデアコンサルティング 代表社員)
イメージ
実績
国税局退官後、ゼロから開業し柔軟な発想と行動力で顧問先500社、年商は2億円を超える。一切妥協しない人材採用とスタッフの自由さを奪わないマネジメントで、スタッフが辞めない事務所構築に成功された敏腕税理士。
最短で年商2億円の事務所にするたった一つの考え方
タイトル
最短で年商2億円の事務所にするたった一つの考え方
サブタイトル
  • 何の実績もない開業時に、新規案件を10件獲得する方法
  • 顧問先に「相談しやすい」と思ってもらうために心がけていること
  • 9年前から続けている、売り込まない営業方法
  • 伸びている会社を見て気付いた、調子がよい時にやるべきこと
  • 独立するなら、早ければ早いほどよい
  • 最初にアルバイトを雇うと、社員が辞めてしまう理由
  • 既存のお客様から紹介してもらわなくてもよい理由
  • 時間の使い方
  • 小さな差別化の積み重ねが、大きな差別化になる
  • よい人材を採用するために所長がやるべきこと
  • スタッフが主体的になる組織体制とは?
  • 人材採用戦略とは?
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
話の節々から伊東先生の柔軟な考え方や物事の捉え方が見えてきます。
6人目:蔵田陽一 氏(蔵田経営会計事務所 所長)
イメージ
実績
外資系コンサルティング会社出身という異色の経歴の持ち主。徹底的に効率化された事務所モデルはまったく無駄がない。ネットとDMを駆使し、欲しい時に欲しい数の新規案件を獲得できる超ロジカル税理士。
欲しい時に欲しい数だけ新規案件を増やせる販促戦略の構築方法
タイトル
欲しい時に欲しい数だけ新規案件を増やせる販促戦略の構築方法
サブタイトル
  • 税理士という仕事を選んだ理由
  • 独立時に実践したネット集客手法とは?
  • マーケティングの8割は失敗しても大丈夫!?
  • 集客を強化する前に、まずやるべきこととは?
  • 税理士が報酬を請求する時によくある失敗例
  • ターゲットを小さな会社に絞るメリットと効率的な集客方法
  • 時間の使い方、税務リスクに対する考え方
  • 人材採用とマネジメント手法
  • 人材不足時代の新しい事務所体制とは?
  • スタッフの待遇と管理方法
  • 徹底的に無駄を省き効率化した業務フローとは?
山下から一言
他の事務所に圧勝するための条件と具体的な手法が分かります。

【一人所長型モデル代表】所長が直接対応し、密なコミュニケーションをとることで、社長のプライベートまで理解した関係構築。

7人目:加藤智久 氏(加藤智久税理士事務所 所長)
イメージ
実績
対人が苦手だった所長が、今では一人で100社を担当。上場会社であっても自ら一切売り込むことなく、相手からお願いしたいと言われる一人所長の最終形税理士。
対人が苦手な人にもできる顧問先に愛され続けるコミュニケーションの極意
タイトル
対人が苦手な人にもできる顧問先に愛され続けるコミュニケーションの極意
サブタイトル
  • 内向的だったのに、顧問先に愛されるようになったきっかけとは?
  • 一人でやっているからこそ、人間関係が大切な理由
  • 顧問先に愛され続けるコミュニケーションの極意
  • 新規開拓に対する考え方
  • 時間の使い方、税務リスクに対する考え方
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
全てのコンサルタントに通じる本質が明かされています。
8人目:有賀智哉 氏(有賀法務会計事務所 所長)
イメージ
実績
大手会計システムの開発に携わっていた元SE。年収1200万円を捨て見事税理士に合格。人脈ゼロ・広告費ゼロで、開業して4年で年収5000万円を超えた敏腕人情税理士。
一人で開業して4年で年収5000万円を達成する方法
タイトル
一人で開業して4年で年収5000万円を達成する方法
サブタイトル
  • SEを辞め税理士という仕事を選んだ理由
  • 人脈ゼロから開業して、本当に役立つ人脈の作り方
  • 若手であることが強みになる環境とは?
  • 解約ゼロの税理士が心がけていること
  • 広告費ゼロで新規案件を増やし続ける方法とは?
  • 時間の使い方と税務リスクに対する考え方
  • 顧問先の売上に貢献できる月次提出資料とは?
  • 一人所長で成功して見えてきた次のステージ
  • 税理士がなぜハンコ屋を始めたのか?
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
一人所長の鉄板マニュアルになると思います。

【二代目所長型モデル代表】引き継いだ基盤を活かし、人材が育つ仕組み作りに集中することで短期間の事務所拡大を実現。

9人目:尾藤清隆 氏(税理士法人尾藤会計事務所 代表社員)
イメージ
実績
スタッフが生き生きと働ける環境を作ることで、組織が大きくなっても顧問先の満足度が高く紹介の多い事務所。先代から事務所を引き継ぎ、スタッフ50名・顧問先500社・年商3億円以上にまで事務所を発展させた敏腕二代目税理士。
二代目所長が事務所を引継ぎ伸ばすためにやるべき6つのこと
タイトル
二代目所長が事務所を引継ぎ伸ばすためにやるべき6つのこと
サブタイトル
  • 二代目所長がやるべきこと「その1」○○○○○を見極める。
  • 二代目所長がやるべきこと「その2」○○をはっきり示す。
  • 二代目所長がやるべきこと「その3」○○○○○に徹する。
  • 二代目所長がやるべきこと「その4」早いうちから○○に携わる。
  • 二代目所長がやるべきこと「その5」○○○○に専念する。
  • 二代目所長がやるべきこと「その6」積極的に○○○に取り組む。
  • 毎年50社の新規案件を増やし続けている紹介ルートとは?
  • 時間の使い方
  • 年商3億円を実現した組織体制とは?
  • 税務リスクに対する考え方
  • 差別化、はあえて属人的であること!?
  • スタッフがいきいきと働ける採用・教育・評価体制とは?
  • スタッフ交代の際のスムーズな引継ぎ方法とは?
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
事務所の資産承継と共に、感情承継のコツが分かります。
また、スタッフが生き生きと働く組織作りのポイントが分かります。

【業務特化型モデル代表】特定の業務に特化することで実現した高い付加価値提供

10人目:荒巻善宏 氏(税理士法人チェスター 代表社員)
イメージ
実績
相続税申告の風雲児。未開だった相続税申告マーケットというブルーオーシャンを開拓し、今なお凄まじい勢いで成長し続ける税理士法人チェスターの代表税理士の一人。
ブルーオーシャンを見つけNo,1事務所になる販促戦略とは
タイトル
ブルーオーシャンを見つけNo,1事務所になる販促戦略とは
サブタイトル
  • どのようにして相続マーケットを見つけたのか?
  • 開業時の失敗と、そこから得た教訓
  • 独立当初に一番時間を割いたこととは?
  • 相続に特化しても成立する地域、成立しない地域
  • チェスターが最終的に辿りついた販促戦略とは?
  • 顧客満足度を上げるためにやっていること
  • 時間の使い方と税務リスクに対する考え方
  • 相続に特化する前に参入を考えていたマーケットが!?
  • 人材を採用する際に最も優先していること・工夫していること
  • 二大代表でよい関係を維持する心がけとは?
  • チェスター流マネジメント術
  • 集客だけでなく人材採用にも有利となるブランディング構築のコツ。
  • 事務所経営でのお金の使い方
山下から一言
ブルーオーシャンの見つけ方が分かりやすく解説されています。

【業種特化型モデル代表】特定の業種に特化することで実現した高い付加価値提供

11人目:大野晃 氏(ITA大野税理士事務所 副所長)
イメージ
実績
飲食業という特定のマーケットでNo,1の地位を確立し、船井総研2015年最優秀賞を受賞。抜群のマーケティングセンスと行動力を有した次世代若手税理士。
行列のできる税理士事務所になるためのブランド戦略とは
タイトル
行列のできる税理士事務所になるためのブランド戦略とは
サブタイトル
  • 「事務所を引き継がない」という新しい事業承継の形
  • 税理士の資格があれば、集客や営業は必要ないと思っていた
  • 失敗しないWEB業者の見分け方
  • なぜターゲットを飲食業に特化したのか?
  • 所長は自己中心的でよい!?
  • 税理士業界のブルーオーシャンとレッドオーシャン
  • 顧問料を下げないと案件を増やせない事務所の共通点とは!?
  • 成功していないからこそブランディング構築が必要
山下から一言
これからの税理士に欠かせない要素が詰まっています。
ご購入はこちら
 
追伸1
今回の教材には、あえて返金保証を付けていません。なぜなら、ご多忙の中『税理士業界の発展』という大義のため、ここまでの内容を公開頂いた11名の先生方に失礼にあたると考えたからです。この先生方の話を心から聞きたいと思ってもらえた方にだけ購入いただきたいと思います。
追伸2
全ての経営情報を公開して頂いた関係上、ノウハウが大量に流出してしまっては、ご参加頂いた先生方の脅威にもなりかねないため、300セット限定販売とさせて頂きました。教材の中でも言われていることですが、他の事務所を引き離せるかどうかは「どれだけ早く行動に移せるか?」です。

300セットが完売した時点で、この教材はもう二度と手に入れることができなくなります。ぜひ、ノウハウが広く行き分かってしまう前に本教材を手に入れ実践に移して頂きたいと思います。購入をご検討中の方はお急ぎください。
 

購入者から頂いた喜びの声

税理士T・Y様

なぜこのDVDを購入しようと思いましたか?
他の事務所で成果が出ている新規案件の獲得手段や報酬の決め方、あとは人材採用に関して情報を収集し、取り入れられることがあるのではと思ったため。
得られたこと・気づいたことは何ですか?
自社に近いモデルを参考にできたので、何をどう取り入れたらいいのかがイメージしやすかった。成功例だけでなく失敗例なども紹介されていてよかった。
教材をご覧になりどのように変わりましたか?
今まで迷いながら中途半端になっていたことが多かったが、やることの迷いが晴れたので結果につながりやすくなった。
一番参考になったモデルとその理由
一人所長モデルが一番良かった。具体的にどんな月次資料や顧問先とどのようにコミュニケーションをとればいいのかが分かった。

税理士M・T様

なぜこのDVDを購入しようと思いましたか?
事務所経営の次の一手となるヒントを模索していたところこの教材に出会い、書籍にはのっていないような具体的な内容が書かれていたため。
得られたこと・気づいたことは何ですか?
様々な税理士事務所の経営が体系化されていて分かりやすかった。今後どんな事務所にしたいのか迷っていたところ、具体的な事例が多かったので多くのヒントを得ることができた。
教材をご覧になりどのように変わりましたか?
まずは試してみることが重要だということが分かった。ホームページから効率的に集客するための戦略が見えたのでさっそく実行している。
一番参考になったモデルとその理由
低価格型モデルが参考になった。仕組み化すれば、低価格でもしっかり利益を獲得出来ることが分かった。やることとやらないことを明確にさせることで、ここまで大きな違いが出ることに驚いた。

税理士K・K様

なぜこのDVDを購入しようと思いましたか?
税理士事務所に特化した具体的な内容になっていると思ったため購入することにしました。身近なモデルに分類されているのも魅力的に見えました。
得られたこと・気づいたことは何ですか?
事務所経営に対する考え方、集客、人材採用から教育・評価に至るまでここに書ききれないほど多くの気づきが得られました。
教材をご覧になりどのように変わりましたか?
まだこれから実行する段階なので何とも言えませんが、実行した後は今より事務所が良くなっていると思います。
一番参考になったモデルとその理由
二代目所長型モデルと業種特化型モデルの2つです。私自身が二代目で事務所内での身の振り方などを悩んでいたので大変参考になりました。また、業種の絞り方や集客の仕方、予算のかけ方が参考になりました。
 

運営元

販売業者 株式会社タックスコム
所在地 東京都港区虎ノ門1-1-21新虎ノ門実業会館5F
電話番号 03-6869-4486
 

お申込みフォーム

都道府県(必須)
支払方法 銀行振込
この商品は何を見て
お知りになりましたか?

特定商取引法に基づく表記